【シニア・プレシニア起業】企画書は書き出す前にほとんど勝負は決まっている?

「企画書」で頭を悩ませている方が多いのではないかと思います。

・どうやったら(恐らくは頭の堅い)上司を口説ける「企画書」がかけるのか?

・クライアントに一発でOKと呼ばれる「企画書」はどうやって仕上げるか?

・VCが放っておかないパンチの効いた「企画書」にどう見せる(魅せるか)?

 

そこで、“良い企画書”を作成するために、皆さん時間と労力と知恵と場合によっては勇気も使う事になるわけですが、労多くして見返り(≒企画が通る)薄いのが現状ではないでしょうか?

私も、自分の「企画書作成能力」の低さを、何度も(アイデアレベルのものまでいれたら、それこそ人生で100本×30年としても3000回ぐらいか?)痛感していますが、今もって「通る企画書」の書き方がよく分かりません。

 

そんな私が、最近分かったことがあります。それは企画書は出来上がってからではなく、書く前に既に勝負がほとんどついているということです。言い換えると、

企画(書)を検討しているということは、まだやる気が関係者に無いということ

なのです。

 

つまりこういうことです。

企画(書)を通すという事は、アイデアを誰かが実行に移すという段階に入ることを意味するわけです。誰かが既に始めている事を書いたものは、「企画書」ではなくレポ―トというべきですね。関係者が既にやることを決めていることは、それは「企画書」ではなく「行動計画」とか「スケジュール(目標)」とか言われるわけです。つまり、企画(書)を検討している段階は、まだ関係者は何も決めてないし、様子見なのです。

「だから、良い企画書を書いて関係者を口説くんでしょ!」

はい、それはお説ごもっともなのですが、実際は企画書を見せてる段階で、大抵の相手は自分の態度が決められない、あるいは決めたくない状況にあると理解した方が良いのです。なぜなら、通す条件というのが相手に明確にない時にこそ。「企画書」が要求されるからです。何かやりたい意志(意図)がある人は、企画書によって動かされるわけではなく、自分のアイデアに相手がどう関われるのかだけを見極めているわけだから、丁寧な企画書は必要なし。やる気がない人は、断る(今は判断できない…も同じ)理由を探しているのだから、精緻な企画書ほど「突っ込みどころ」満載で嬉しい。

 

という事で、つまり

企画書はザクッと書いて、「この先聴きたいですか?」程度にとどめる

のがよろしいのかと。

もし、会社の中で、企画書のフォーマットが精緻に決まっていたり、企画書の決済ルートが複雑だったりしたら…悪いことは言いません。あなたがその企画を本当に実現したいなら、”良い企画書”の作成に時間をかけるのではなく、すぐにこっそり始めましょう。

【お知らせ】事業開発アーティスト『青黒塾』開講しました!

日経BPさんとの協働企画、事業開発アーティスト『青黒塾』が開講しました!

(7月25日 第1回,8月1日 第2回)

 

事業あるいは商品開発に企業内で取り組んでいる、熱き8名の方々と一緒に、これから10月まで、青い志を育み、黒いロジックを鍛えていく時間を過ごします。

…突然、折り紙細工をしたかと思うと、次の場面では社会課題に対して真剣に向き合う実践者と語らうなど、もう、”理路整然”としていない「進行(プログラム)」に、皆様面喰っているかと思いましたら、強者(つわもの)ばかりで、最初からノリノリでスタートしています。


これから、どんな化学反応が起きていくのか、今からとても楽しみです!

青黒塾の詳細はこちらから

 

 

【お知らせ】いよいよ 事業開発アーティスト『青黒塾』 が開講します!

日経BP社さんとご一緒しての『青黒塾』が、いよいよ今週(7月25日)より開講します!

青い志を大きく育み、腹黒い利益計算もしっかり身につけ、「青黒く」自分も社会も前向きになるビジネスを創ろう! という壮大な構想の第一歩?です。

とんでもないネーミングで、開催も危ぶまれる企画でしたが、一期生も「少数精鋭」で集まり、これから10月まで、濃密な時間を共にしていきます。

志事創業社のWebからも、その熱い様子を、今後チラ見せしていきますので、ご期待ください。

『青黒塾』の詳細はこちらから

【シニア・プレシニア起業】ビジネス誌も(少し)前向きになってきました

左が昨年2017年9月のタイトル → 右が今年2018年7月のタイトル

ここ数年のビジネス誌の定番特集ネタは「定年」

読者の不安を煽って、守りに入らせるような記事がほとんどだったのだが、今年辺りから少し様子が変わってきたように感じる。

今回の週刊ダイヤモンド誌では、「会社を買って社長になっちゃいましょうよ!」的なお話が出てくるなど、Age100.ingを謳う我が身としては、「おお! いい感じで言ってくださるねぇ」と、素直に嬉しい。

これまでと違う事をやる時に、不安や心配はつきもの。「うまくいかなかった時」のことは誰でも色々と想像できちゃうのだが、逆に「うまくいった時」の様子がなかなか具体的にわいてこない。だから、こういう特集こそ、面白い事例や方法を出して、読者の「可能性」を広げて欲しいのである。

 

先日、主に女性向けのセカンドライフ開発セミナーに参加させてもらったのだが、そこで登壇されていた方が素晴らしいコメントをされていた。

(失う事が怖い人に)「失うという事は、それまで持っていたという幸せをかみしめることでもある」

 

うーむ。この領域に、私自身は全然達していないのだが、「無いを嘆くのでなく、有るを語る」ことが、やはりシニア・プレシニアにとって、素晴らしい人生を歩む大切な視点であり、振る舞い方なのだと思った。

「これ好き!」をいかに自分が感じ、具体化できるか。100歳時代を豊かにする、大切なスキルかなと。

【アート】Art Thinking ~現場で使うアートシンキング! 第1回を開催しました!

7月10日に大手町の3×3LabFutureでアートシンキングのイベントを、デザインスクールの阿佐ヶ谷学園様と協働して開催しました♪

学生さんを含む、30名近いアートにもビジネスにも関心の高い皆さんに集まっていただき、熱く楽しい時間となりました。

ゲストの松本隆則さんから、「アートシンキング」のポイントをインプットしていただきながら、参加者皆さんと体感ワークをしていきました。今回のキーワードは「Vision」。これまでの意味づけ(≒常識)を、別の視点から、いかに新しい意味を見つけられるか?

全3回シリーズの第2回(次回)「Story」は8月31日に開催予定です。

★個別の回に単独で参加しても大丈夫です…というか大歓迎です!

アートに関心ある方もそうでない方も、ビジネスに造詣の深い方もそうでない方も、ぜひぜひ、いらしてください。

【アート】美術検定のオフィシャルブログに掲載!

アートもビジネスも(実はサイエンスも)、根っこのところは人間の好奇心だよなぁと強く思う今日この頃。

ビジネスパーソンが趣味や教養としてだけでなく、アートにもっと関心を寄せてもらえるような機会を、どんどん増やしていけたらなぁ…

という想いを、「美術検定」のオフィシャルブログに掲載していただきました(^^)v

関連のイベント紹介はこちらから

「丸の内プラチナ大学」 アートフルライフデザインコース

「アートシンキング」01.Vision

カテゴリー: news | タグ:

7月より「アート(美しいビジネス)」関係イベントをいくつか開催します!

すっかり東京は夏です。(6月27日現在)

蒸し暑いです。梅雨空はどこにいったのでしょう?

ということで、ここで「熱い」イベント開催のお知らせです。


アートシンキング 現場で使うアートシンキング全3回
(第一回は7月10日 大手町の3×3Labfutureで開催!)
https://www.facebook.com/events/843620919160639/

4月13日に開催して、大好評だったイベント「Art Thinking 〜アートシンキング。ビジネスを、感性と論理の交差点で考える〜」。終了後にも多くの方から個別に感想メッセージをいただきました。「凄く面白かったので続編を開催して欲しい」「もっと時間をかけてアートシンキングを体感したい」「今回行きそびれたのだが、次の機会はないの」…。
ということで、お待たせしました! 次回(続編)企画のご案内となります。

「Art Thinking 〜現場で使うアートシンキング! 全3回〜」
第1回 7月10日(火) 「Vision」
多様な文脈の交差点で世の中を批判的に捉え直しあるべき姿のビジョンを構築する

★以降第2回(8月31日),第3回(9月28日)を予定しています。
ご都合のよい(興味のある)回のみの参加もOKです。
申し込みはこちらから(Facebookのイベントページからの参加では正式申込みになりません)
https://www.evawat.com/event-entry-form.php?event=232&event-facility=195

丸の内プラチナ大学 第3期 

「アートフルライフデザインコース」7月17日より開講
http://www.ecozzeria.jp/events/platinum/3.html

アートの持つ様々な魅力を「体感」しながら、ビジネスや日常生活を豊かにデザインする、アートシンキングの視点を身につけます。美術史や制作のノウハウ等を一方的に学ぶ講座ではなく、鑑賞プログラムやゲーム、美術館でのフィールドワークなどを通じて、楽しみながら学び合うコースです。あなたや、周りの人の“いいね!”を形にする面白さを感じてください。

コース詳細(日程及び内容)はこちらから

http://www.ecozzeria.jp/events/4_artfull_3_2018.pdf

申込みはこちらのフォームから
http://www.ecozzeria.jp/platinum2018-a.html

 

 

【お知らせ】今年の「丸の内プラチナ大学」ではアートフルなコースを開設します♪

今年も「開校」します! 丸の内プラチナ大学♪

0期から数えると、いよいよ4年目に突入。ビジネスパーソンを中心とする社会人の学び&実践の場として、かなり認知度も上がっているのではと…(主催者側期待w)

昨年までは、CSV実践コースを担当していましたが、今年度は新設のアートフルライフ・デザインコースを受け持ちます。…と言うか、この企画、まさに自分がぜひやりたくて、コースとして組み入れてもらったものです。

こちらで何回かお話してきている、”美しいビジネス”を、世に増やしたいの一貫でもありますが、単にアートの持つさまざまな楽しみを、これまでアートとは無縁な方にも体感いただけるような内容を目指しています。

美しいビジネスに関してはこちらから

詳細は6月以降に公開される予定です。おっと、何より、今年の他の魅力溢れるコース紹介も合わせて、説明会を6月8日に開催しますので、ぜひぜひいらしてください。

説明会の案内と申込みはこちらから

【アート】キャノン・ミュージアム・キャンパスで「ミニ授業」♪

今週の月曜日(4月23日)。西洋美術館で、キャノン・ミュージアム・キャンパスが開催されました。休館日に大学生にじっくり美術作品に触れてもらおうという企画。アートナビゲーターとして「ミニ授業」(作品解説)のお手伝いをさせていただきました♪

『プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光』

担当した作品は《バリューカスの少年》と《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》の二作品。

6~7分で、絵画作品の魅力や見どころを伝えるという役割なのですが、学生さん達と作品の出会いが素敵な時間になるようにと、かなり緊張しつつ張り切っちゃいました(笑)

皆さん、真剣に耳を傾けてくれて、また、熱心に質問してくださる学生さんもいらして、このイベントを楽しんでくれている事が伝わってきました。

交代の時間を利用して、他のナビゲーターの「ミニ授業」を聴けたことも、とっても学びになりました。魅力を伝えるって、本当、単に知識を伝達するってことではないなぁと。

キャノン・ミュージアム・キャンパスを担当したアートナビゲーターの皆さんと(午前の部)

キャノンさん、いい仕事されてるなぁ~(いえ、お世辞じゃなくて)。 次回は兵庫で実施されるそうです。

キャノン・ミュージアム・キャンパス

そう言えば、昨年、印象に残った東京国立博物館での『綴プロジェクト』も、キャノンさんのサポートでした。

 

【アート】”アートリューション”を楽しむイベントを開催♪

4月13日に、大手町の3×3Lab futureにて、

「アートシンキング ビジネスを、感性と論理の交差点で考える」

を阿佐ヶ谷学園・寺子屋プロジェクトさんとの共催、一般社団法人エコッツエリア協会さんの協力(3×3Labfutureのアート倶楽部設立、第二段の企画イベントです)を得て開催しました!

40名以上の方に参加いただき、ゲスト松本さんのお話や、”アートリューション”の体感ワークショップ、交流会と、大いに盛り上がりました。ざくっと様子をお伝えすると…

<オープニング>

アート倶楽部の発足背景など

主催者挨拶 三輪さん(阿佐ヶ谷学園)& 臼井(志事創業社)

・アートは毎日がイノベーション & アート×ロジックで美しいビジネスを生み出そう

<ゲスト松本さんによるインプットトーク>

・アートシンキングはなぜ必要なのか?(市場中心から個の希望や理想中心に)

・問題解決のイノベーションから意味のイノベーションに

・Vision Story Detailで考える

<”アートリューション”の体感ワーク>

”財布”,”テレビ”,”腕時計”,”傘”

普段、真剣に考えたことのない”もの”を再定義してみよう!

<交流会>

 

…って感じの、あっという間の2時間半でした。(主催者側の感想w)

「普段あまり動かしていない脳みその部分を使って面白かった」という感想をくださる方もいて、新しい試みでしたが、何かしらの刺激を得ていただけた方が多かったのではと、想像しています。

 

次回、イベント含め、”美しいビジネス創造”に向けての活動、継続していきますので、これからもご関心、できれば「協働」を、ぜひぜひよろしくお願いいたします。