アートは不要不急ですか? 丸の内プラチナ大学アートフルライフコース初日! 

2021年度丸の内プラチナ大学 アートフルライフコースが、9月17日に開講しました。
ハイブリッド開催で、リアルな会場とオンラインで参加してくださった方16名で、今期も賑やかなオープニングとなりました。

グラレポは今期も斉藤さん(ぽんちゃん)にお願いしてます

ところで、皆さんにとってアートは不要不急ですか?

冒頭のこんな問いに対して、集まった方の多くが「アートは自分にとって大切」というお答えでしたが、なかには「ちょっと自信がないかも…」という方も。はい、それが普通だと思います。
アートフルライフコースではアートの持つ様々な魅力や可能性(と、私が思っている)を、様々な切り口で体験いただき、アートを通じて新しい視点を広げたり深めたりしてもらうことを目指しています。できれば笑顔と一緒に。

初回のゲストは、Museum Start あいうえの プログラムオフィサーの鈴木智香子さんにお越しいただき、
 じっくり観て 想像して 表現する
を体感する時間となりました。
対話型鑑賞や、「冒険ノート」の作成を通じて、色々な刺激があったようです。

■終了後の参加者からのコメント(抜粋)
 ✓冬眠から目覚めたクマのようでした。人と会って考えを交換するだけでもわたしにとっては「創作活動」で、のーみそが昂ります。
 ✓1本の糸杉から導きだされる様々な解釈 人の数だけその考えがある 人間っていいな♡!
 ✓見る人によって感じ方の違う芸術だからこそ思ったことを共有することの大切さがわかりました!!

アートフルライフコース、次回は10月6日に開催です。
今からでも参加いただけます(来年1月まで実施) 
申し込みと詳細案内はこちらから

2021 丸の内プラチナ大学 開講しました♪

9月2日に、今期の丸の内プラチナ大学が開講しました。
小宮山宏学長(プラチナ構想ネットワーク 会長/株式会社三菱総合研究所 理事長)の基調講演から、各コース紹介など、オンライン含め100名超の参加者の中、全10コースがいよいよ始まります。
★初日の様子はこちらから

弊社が担当するアートフルライフコースの初日は9月17日。
まだ参加募集を継続していますので、「やっぱり気になる~」という方は、ぜひ下記URLから。
★プラチナ大学のコース案内と申し込み

オンラインとリアルでのハイブリッド開催です。
お会いできること、楽しみにしています。

NFTアーティストになる? Day2

Day1で、ネット検索しながらNFTアートについて概要をつかんでみました。

・現物ではなくデジタルデータによるアート作品
・所有者情報がデジタルの台帳によって保障されている(らしい)
・最近ちょっとブームになりかけている(らしい)

こんなあたりがわかってきました。
さ、ら、に、
既に「市場」(NFTアートの売買が行われいてるマーケット)があり、Web上で世界最大規模で初心者に使いやすいOpen Sea(オープン・シー) というサイトがある
ということで、アクション二日目(Day2)としては、このOpen Seaに行ってみたいと思います。

Open Sea

サイトのトップ画面はこんな感じ。
英語は良しとしても、何から始めればよいのか全くわかりません。
スクロールする(下に読み続ける)と、こんな画面に。

Create and sell your NFTs とあるので、この辺あたりからアクションするみたいですね。
一旦ここまでとして、先に進むために日本語解説サイトがないのかも探してみます。
《Open Sea の使い方》で検索するといくつのサイトがヒットしたので、読んでいきます。
ざくっと分かったこと。

・Open Seaには特に登録などの必要はない
・利用するにはウオレット(?)だかメタマスク(??)とだかが必要(らしい)
*ここでいう利用とは売買のこと、サイト上で鑑賞するのは無料ということですね
・売買以外にもブログとかも書ける機能(?)がある

うーん、知らない単語のオンパレードです。
段々面倒くさくなってきました。
こういう時は習うより慣れろで、まぁやってみますか。
使い方の説明サイトで、一番わかりやすかったこちらの手順に従って、先に進むことにします

【保存版】大手NFTマーケットのOpensea(オープンシー)の使い方

まずはメタマスクのアプリが必要なんですね。
Google Chromeとの連携…うーん、ここでもGAFAかぁ…(ちょっと気後れ感)
次にMETAMASKの登録と。
・・・
何と、セキュリティは超アナログ方法なんですね。
紙に書いて隠しておけと。
NFTアートの道でこんなところを通っていくのがなんとも面白いです。
*ここでは詳細は書きませんが、先ほどの【保存版】サイトからMETAMASKの指南ページに従って無事に?登録までたどりつきました。

で、METAMASKの登録が終了後、再びOpen Seaにつなぎ、連携手順を踏むと(結局これが登録プロセスってことですね) トップページにちょこっとだけ変化が。


どうやら、これでOpen SeaでNFTアートの売買に向けた準備が済んだ感じですね。
実際にはデジタルマネーを一円も持っていないので(これどうやって持つんだ?)買は少なくともできませんが…。
よし、次回はこの辺りを挑戦してみますか。


【お知らせ】2019年内の講演会、セミナー等の案内

来年のスケジュール表を用意する時期なりましたが、ここで年内の講演会及びセミナー等のご案内をさせていただきます。
詳細内容及び申し込みは、添付各URLよりご確認ください。

11月23日(土) 14:30-16:30 <共催>
Co-Working & Art DAYS ~ワークとアートの心地よい関係を考える~
社会起業大学にてセミナーを実施します。…と言っても堅いものではなく、対話型アート鑑賞プログラムを楽しんていただきながら、アートシンキングを「体感」してみようというプログラムです。当日は現役美大生の作品も展示されていますので、そちらもお楽しみください。
★美大生の作品展示は21日から行われているので、案内が21日からとなっていますが、セミナー自体は23日(土)の14時半~16時半の1回のみ開催です。

12月4日(水) 18:30‐21:00 <ゲスト登壇>
さんさんピッチvol.5〜年末スペシャル!〜
2019年度よりスタートした新企画「さんさんピッチ」。3×3Lab Futureに集う個人会員の皆様を中心にご登壇いただき、ご自身が取り組んでいる魅力的な事業や活動・プロジェクトをピッチ形式で紹介していただきます。
第5回となる今回も、個性豊かな個人会員さんに大集合していただきます♪これまでのキャリアが今の自分をどう形作っているのか?現在力を入れて取り組んでいるのはどんなことか?いろいろな視点から、ピッチ形式で活動の一部をご紹介いただきます。
また、今回は年末スペシャル!ということで、三菱地所本社の交流スペースでもあるカフェテリア「SPARKLE」での開催となります!!基本的には社員専用スペースということもあり、入れる機会は少ないので、ぜひすてきな会場も楽しみにご参加ください。

12月17日(火) 19:00‐21:30 <主催>
アートで“放談”ダイアログ
動物を身近にすると人は癒されるように、良質なアートに触れると私たちもステキな影響を受けるように感じます。アート鑑賞の巨匠でタマベン福代表の臼井清さんとアート鑑賞のしろうとでタマベン代表の伊藤高光さんがそれぞれ好きなアートを題材にして対談(言いたい放題?)をしていきます。勿論、参加の皆さんにも加わって頂き、アートダイアログを楽しみましょう。

【開催レポート】《一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会》にてアートシンキングのセミナー開催 

7月26日に、一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)さんの会員向けに、 「トップ企業のリーダーがいまアートから学んでいること(アートシンキング)」 というタイトルで講演をさせていただきました。組織・人材開発について学ぶ分科会メンバーの方々です。 IT業界にいらっしゃる皆さまで、「要件定義」などロジックで考えることを常としている方が多い中、アートシンキングは「役に立つか立たないかといった基準で判断できないところが面白い!」などどお話ししました。 終了後のコメントでは圧倒的に「もやもやした」「ようわからん」といった感想が多く…。どうやら、アートの不思議な魅力のうち、不思議だけが強く伝わったのかと(汗) この、何だかこれまでの「パターン」には収まらない感覚を楽しんでもらえるよう、さらに伝え方を工夫しなければと思ったしだいです。 自分の今後の精進はさておき、懇親会の和気あいあいぶりや、学びへの意欲が強い皆様とご一緒できた、とても良い時間となりました!

【お知らせ】丸の内プラチナ大学開講しました♪ アートフルライフデザインコースは7月16日から!

今年の「丸の内プラチナ大学」昨日開講しました♪
小宮山学長(元東大総長,三菱総合研究所理事長)のエネルギッシュな基調講演には、150名ほどの「学生」さんが熱心に聴講。
その後の懇親会も、熱気あふれる時間となりました。

これから10コースに分かれて、それぞれの「選択科目」を10月にかけて皆さん「履修」されていきます。

私が担当しているのは「アートフルライフ・デザインコース」
アートの持つ様々な魅力と可能性を「体感」してみようとういう内容で、7月16日がコースの初日です。まだ、応募できますので、よろしければぜひ!(希望する日の個別受講だけの申込み可能です) 期間中には、オプションで、「大人のアート遠足」も実施予定です。

★申込みはこちらから

今期の丸の内プラチナ大学も、(主催側でありながら)とっても楽しみです!

 

【お知らせ】塾生募集中! ~今期の青黒塾、いよいよ来月開講です!

新規事業開発に悩める企業人の、青い志を磨き、黒い振る舞いを鍛える、青黒塾。

昨年の「好評」を受け、今年も日経BP総研さんとご一緒に開催することとなりました。

「まず、楽しんで取り組むこと、ロジックから入らないことが重要! 1期生として参加できてよかったです。」
「自分には黒い部分まったくと言っていいほどなかったので、青黒塾で少しでも取り入れることができたのではないかと思っています。」
「社外に飛び出るような新規事業、寝食を忘れるようなアイデアを持ちたいと思ったのが受講動機。受講してやる気スイッチが入った。」
*昨年の第一期の受講生のコメントより

「塾」という形態ですので、実際に五感を活用するワークの時間も多く、また、”多彩”なゲストとの交流会も大事なプログラムの一つとして組み込まれています(受講料に含む)

アーティストのセンスで新規事業を始めてみたい、これまでのアプローチではどうもうまく行かない、社外に「頼りになる」ネットワークを作りたい、ちょっとした差のつくビジネスパーソンになりたい…といった方々には、ぜひチャレンジしていただきたいと思っています。所属の会社、組織を口説いて、ぜひぜひ申込みされてください。…え? 口説き方が分からない? そんな方は、思い切って「自腹」で飛び込んでみてください。お釣りの出る時間になっていくと思います。

詳細及び申し込みはこちらから

 

【開催レポート】《事業創造アイデアソン・フォーラム》でアートシンキングについてお話しました

6月19日にABC協会さん主催の《事業創造アイデアソン・フォーラム》で、アートシンキングに関してお話させていただきました。

・アートシンキングとは
・なぜ、事業創造の場でアートシンキングが必要になってきたのか
・アートセンスはスキルとして磨ける

といった点を中心に、簡単なワークも取りまぜて共有しました。

参加者皆様、非常に熱心で、やり取りも多く、あっという間の時間でした。
終了後の感想として、
「アートが事業創造に役立つのではと思っていた自分の直感に自信が持てた」
「意外に取り組みやすい(自分でもできる)考え方だと感じた」
といった前向きなコメントいただき、ほっと一安心。
美しいビジネス創出仲間が、また増えた感じで、何よりでした。

【ブログ】「描く」ことの大切さを知り、試したくなる本 三冊 

今一つなブログタイトルですが(苦笑)、ともかく「描く」ということの素晴らしさを教えてもらった”書籍”を、ぜひぜひ紹介したくなったので…。


『アンジュール ある犬の物語』ガブリエル・バンサン

鉛筆で描かれた犬の物語。一切の文字もなく、色も黒一色。
しかし、その表現の深みと、受ける印象の強さたるや…。

「あぁ、読んだことあるよ」という方も多いだろう有名な絵本ですが、本屋さんで久しぶりに再会して、あまりの”美しさ”に鳥肌が立ちました。
”余白”もこれほど雄弁になれるなんて…。


『ブルーピリオド』 山口つばさ

コミック誌に連載中の漫画を「好みの作品だと思いますよ」とご紹介いただき、読んでみたら、これが凄く面白い! ある意味、初心者向けの美術、特に絵画制作の手引きといった面持ですが、主人公とともに一緒に考えたり悩んだりしながらのドリルとしても十分に活用できそう。美大を目指す受験生の気分を味わえます(1巻~4巻までのところ)

『直感と論理をつなぐ思考法』 佐宗邦威

ブームになりつつある、”ビジネスマンもアートを学ぼう”系の解説本かなぁと思ったら(帯文を作った編集者はその意図ありそうですがw)、どうやって鍛えるかの方法を具体的に示してくれている、実践したい人のための書籍。これはいいですね。

えっと、まとめますと、知識は頭の中にある間は、何の役にもたたないということで、実行あるのみ。「描くこと」が大事そうと思ったら、自分でまずは試してみようと。そこから見えてくる景色は、随分と面白いもの、自分のものになってきます。そして他人と語り合えるようになってくる。
崇高なビジョンだって、人様に触れてもらえる形として「描く」ことをしなければ、実現はもとより、磨かれることがないのと同じですね。

はい、私も最近、かなぁり手を動かしながら、頭の中を文字に限らず表すようにしています。その効果は…まだまだ未知数…いえいえ、”余白十分”かと。

 

 

 

【ブログ】アートは桜に勝てない? ~ブランディングの本質(六本木にて)

春の六本木、ミッドタウンを歩いていると、目を引くサインボードが!

ストリートミュージアム』!
“2018年度アートコンペ受賞作家6名が本展覧会のために制作した、インスタレーションや彫刻などの最新作がプラザB1に登場します。
今注目の若手作家の才能と個性あふれる作品をぜひお楽しみください”(ホームページより抜粋)

これがなかなかに素敵な作品が多く、公共の場所でこんな鑑賞ができるなんて、さすが六本木はお洒落だわぁ~と。

そこで鑑賞すること数十分…で、気づきました。
「あれ? ほとんどどなたも、気にとめていないんじゃない??」

平日、昼間の時間帯で、行きかう人が多いというほどでもなかったのですが、(だからこそ?) もっと多くの人が立ち止まって作品を楽しむのかなぁと思えば、ほとんどの方が目もくれず素通り。

こんなに「美しい」「面白い」のに、勿体ないような気も。まぁ、私のような都心おのぼりさんには物珍しくとも、都会の方々には、日常に溶け込んでいることで関心がわかないのだろうとも推察。

ところが、地下通路から地上にでるとこんな光景が。

そうです、桜です。
こちらは、もうひっきりなしに皆さま立ち止まっての写真撮影!
その注目度たるもの、まったく異なります。

「アートが桜に勝てない(≒注目度で差がつく)理由は何だろう…??」と、考えての自分なりの勝手な結論が「ブランディング」。

今回の”(ストリート)アート”と”桜”の違いを考えると、「自然と人工」「香りとか風とか、五感に感じる部分」「屋外と屋内(鑑賞環境)」…とか、色々と浮かんできましたが、それらはたいしたことではないのかなと。
「見えないものがどれだけ見えてくるかどうか」
の差が一番大きいのではないかと。これこそが「ブランディング」なのかなと。

 

”桜”にはみなさんこれまでの人生における経験値の量が半端じゃないんです。春の時期での様々な思い出が、”桜”に連動しているとでも言えばよいでしょうか。さらには、古典文学から流行の歌などを代表に、これまで”桜”に関する情報を取り込んできており(≒刷り込まれており)、日本人なら”桜”に、何らかのイメージ(好悪限らず)を必ずのようにお持ちです。
な、の、で、”桜”には抗えないブランディング効果(認知していて、自分のなかで何らかの意味付けがされている状態)が備わっているわけですね。通りすがりにちょっと出会った「アート」から想起されるものとは、圧倒的にインパクト(反応)が異なるわけです。

ということで、アートに限らず、新規「ブランド」を立ちげる時には、UX(ユーザーエクスペリエンス)体験をいかに素晴らしくデザインしようとも、すでに確固たるポジションをとっている競合(強豪)ブランドの時間と経験の累積効果(≒歴史、文化)に対して真っ向勝負はかなりきついという教訓?が得られるわけです。
むしろ、相乗り<*注記>のほうがお得感が、ありそうですね。
*好意的に受け止めても、真逆を提示しても、いずれにせよ既存ブランドのイメージを”利用”する

”相乗り”オブジェの例 …いわゆる「見立て」(同じく六本木にて)

と、小難しい話にしてしまいましたが、六本木の散策がめちゃくちゃ楽しかったというのが、一番お伝えしたかったところ。
あ、これぞまさにエリアの「ブランディング」効果かも(^^)